HEART QUALITY

HEART QUALITYマークについて

  1. 基本姿勢
    1. 基本姿勢
      より健康になるよう、より喜んでもらえるよう願いながら製造に心がけます。
      特に、従業員自身が我が子にも安心して食べさせられる食品かどうかを基準にします。
  2. 「良い食品」とは
    1. 安全性
      安全で良質な原料と、原則添加物のない副原料を使用します。
      注:製造に関し、添加物は原則使用しません
    2. おいしさ
      身も心も喜ぶ、おいしさを追求します。
    3. ごまかさない
      不当表示や誇張表現はしません。
      増量や計量のごまかしはしません。
    4. 栄養価
      本来の栄養価が失われないよう、温度管理など、原料と副原料の取り扱いに注意します。
  3. 「良い食品」つくりに必要なもの
    1. 設備
      清掃・整理・整頓の行き届いた清潔な工場で食品衛生に注意します。
    2. 技術
      学習や研究を欠かさず、食品加工の技術を高めます。
    3. 資源
      原料や副原料、包装資材、エネルギーを無駄なく大切に扱います。
  4. ハートクオリティマーク
    1. 社長の関与
      製品の中でも、社長が直接開発過程に関わった製品についは、その品質基準を保証するものとして「ハートクオリティマーク」を付帯しています。
HEART QUALITY

注 原料や副原料から製品に添加物が持ち越される場合、検出限界値以下であれば許容とするときもあります。
  なお、使用方法や安全性が歴史的に確認されていると思われる下記の添加物は許容します。
 【にがり】豆腐の凝固剤として用いられる。海水塩に含まれる塩化マグネシウム、硫酸マグネシウム、硫酸カルシウム、硫酸ナトリウムなどの混合物。
 【重曹】ワラビのあく抜き、パンなどの発砲に使用。炭酸水素ナトリウム。別名、重炭酸ナトリウム。
 【水酸化カルシウム】こんにゃくの凝固剤として使用。
 【カラメルⅠ】でんぷん分解物、糖蜜、または炭水化物を熱処理して作られたもの。着色に使用。4種類あるカラメルのうち毒性がほとんどないとされる。